ヨーロッパのアンティークアクセサリーと聖品のネットショップEggplant
ヨーロッパのアンティークパーツを使ったアクセサリーとシルバーチャーム、アンティーククロス、メダイ、ロザリオなどのネットショップEggplantです
EggplantのホームページはYAHOO!JAPANの正式登録サイトです
YAHOO!カテゴリーの「ビジネスと経済→ショッピングとサービス→ジュエリー、アクセサリー→テイスト、モチーフ→アンティーク」のカテゴリーに登録されております


*アクセサリーの
人気ランキング


*ネックレス・ブレスレットの人気ランキング

*チャームの
人気ランキング


*シルバーの
人気ランキング


*アンティーク雑貨の
人気ランキング


アクセサリー
アクセサリー

雑貨・小物・輸入雑貨
雑貨・小物・輸入雑貨

シルバー・銀
シルバー

ネックレス・ブレスレット
ネックレス・ブレスレット

アンティーク雑貨
アンティーク雑貨

ヨーロッパ雑貨
ヨーロッパ雑貨

ソリューション画像

ホーム雑貨(聖品、その他)ゴシキヒワの聖母の扉付き祭壇
商品詳細

ゴシキヒワの聖母の扉付き祭壇

販売価格: 14,000円 (税込)
数量:
アンティーク、ヴィンテージ品は殆どのお品が1点ものでございます。 SOLD OUTとなりましたお品物の再入荷のお問い合わせやリクエストは お受けしておりませんので何卒ご了承下さい。
1900年代前半頃、イタリアで製作された木製の三面祭壇。扉付きの小さな礼拝堂です。

扉を開くと、イタリア・シエナで活躍したサノ・ディ・ピエトロ Sano di Pietro(1406‐81)の作品「ゴシキヒワの聖母」が現れます。聖母子を取り囲むのは聖人や天使たち。(複製画)
同じテーマで様々なパターンの作品が残されていますが、いずれの絵でも幼子キリストは小さな「ゴシキヒワ」とともに描かれています。
幼子キリストの腕に捕まる「ゴシキヒワ」はキリストの受難の象徴として多くの宗教画に描かれています。
ラファエロの「ヒワの聖母」が最も有名ですが、「ヒワ」の正式な名称が「ゴシキヒワ」なのだそうです。
ゴシキヒワとキリストの受難との関係については諸説あり、「赤い頭を持つのは、キリストの処刑時に荊の冠の棘をくちばしで引き抜いた時の血がついたため」「棘を持つ植物であるアザミの種子を好んで食べることから、キリストの受難を取り除くことと関連付けされているため」など。

高さは12.5cm、開いた時の横幅は23cmとなります。

*こちらのお品物は1万円以上ですので、ゆうパックの送料、代引きの場合の手数料も無料です

他の写真
(画像をクリックすると大きく見られます)


(画像をクリックすると大きく見られます)
(画像をクリックすると大きく見られます)

当ホームページの掲載品は、アンティーク・ヴィンテージまでの古い時代のお品物となります。
変色、くすみ、摩耗などがございますが、永い年月を経た味わいとご理解下さいませ。


  Powered by おちゃのこネット
ホームページ作成とショッピングカート付きネットショップ開業サービス