ヨーロッパのアンティークアクセサリーと聖品のネットショップEggplant
ヨーロッパのアンティークパーツを使ったアクセサリーとシルバーチャーム、アンティーククロス、メダイ、ロザリオなどのネットショップEggplantです
ソリューション画像

ホームメダイ聖母の七つの悲しみの免償のメダイ(19世紀)
商品詳細

聖母の七つの悲しみの免償のメダイ(19世紀)

販売価格: 0円 (税込)
アンティーク、ヴィンテージ品は殆どのお品が1点ものでございます。 SOLD OUTとなりましたお品物の再入荷のお問い合わせやリクエストは お受けしておりませんので何卒ご了承下さい。
十字架から降ろされたイエスキリストを抱く聖母マリア(ピエタ・悲しみの聖母)と天使たちが刻まれたメダイ。
フランス、1800年代後期頃の宗教画のようなお品です。

キリストを抱きかかえる聖母の御心(心臓)には7つの悲しみの剣が突き刺さっています。

聖母の七つの悲しみとは・・
1・シメオンの預言(エルサレムの老シメオンが、神殿で幼子イエスを抱き神を称え
救い主であることを宣言すると共に、後に降りかかる救世主イエスへの受難を予言する場面)
2・エジプトへの逃避
3・神殿において幼児イエスを見つけられ給う
4・十字架を背負うイエスとお会いになる
5・十字架のイエスの死
6・十字架から降ろされるイエス
7・埋葬されるイエス

地面にはキリストの受難具である金槌と釘抜き、聖なる血を入れるための器が置かれています。
左側の天使の手にはイバラの冠、右側には衣の端を持ち祈る(または嘆く)天使。雲の中にもたくさんの天使が刻まれています。

裏面に刻まれた言葉は
この神聖なるご絵を前にAVE MARIA(天使祝詞)を唱えるすべての忠実な信者たちに、1080日間の免償が与えられます
*免償とは罪のゆるしではなく「すでに赦された罪に伴う有限の罰を軽減する」という意味だそうです。
とても難しい解釈だと思いますので、「免償」についてご興味のある方はご自身でお調べ頂ければと思います。

真鍮製。大きさは2.2×1.9cmあり(上部の穴の部分は含まず)となります。
他の写真
(画像をクリックすると大きく見られます)


(画像をクリックすると大きく見られます)


(画像をクリックすると大きく見られます)


当ホームページの掲載品は、アンティーク・ヴィンテージまでの古い時代のお品物となります。
変色、くすみ、摩耗などがございますが、永い年月を経た味わいとご理解下さいませ。


  Powered by おちゃのこネット
ホームページ作成とショッピングカート付きネットショップ開業サービス