ヨーロッパのアンティークアクセサリーと聖品のネットショップEggplant
ヨーロッパのアンティークパーツを使ったアクセサリーとシルバーチャーム、アンティーククロス、メダイ、ロザリオなどのネットショップEggplantです
*アクセサリーの
人気ランキング


*ネックレス・ブレスレットの人気ランキング

*チャームの
人気ランキング


*シルバーの
人気ランキング


*アンティーク雑貨の
人気ランキング


アクセサリー
アクセサリー

雑貨・小物・輸入雑貨
雑貨・小物・輸入雑貨

シルバー・銀
シルバー

ネックレス・ブレスレット
ネックレス・ブレスレット

アンティーク雑貨
アンティーク雑貨

ヨーロッパ雑貨
ヨーロッパ雑貨

ソリューション画像

ホーム雑貨(聖品、その他)二人の聖マリアの小さな祭壇
商品詳細

二人の聖マリアの小さな祭壇

販売価格: 0円 (税込)
アンティーク、ヴィンテージ品は殆どのお品が1点ものでございます。 SOLD OUTとなりましたお品物の再入荷のお問い合わせやリクエストは お受けしておりませんので何卒ご了承下さい。
フランス、1800年代末-1900年初頭頃の小さな祭壇(礼拝堂)です。
扉を開くと「小舟に乗った二人の聖マリア」のメダイが現れます。
St MARIE JACOBE(聖マリア・ヤコベ)とSt MARIE SALOME (聖マリア・サロメ)、従者St.Sare(聖サラ)、それに舟の櫓を漕ぐ天使が刻まれています。 (不鮮明ですが、右下に彫刻家のものと思われるサイン入り)
マリア・ヤコベは、イエスキリストの母である聖母マリアの妹、マリア・サロメは聖ヨハネの母です。
この2人にマグダラのマリアを加えた3人のマリアは、キリストが磔にかかった後、舟でフランス南部に逃れてきたと伝えられています。
後にマグダラのマリアはサントボームに移り、残った2人のマリアはこの地で生涯を過ごしました。
1838年に、この言い伝えをもとにこの町は「サント・マリー・ド・ラメール(海からのマリア達・・の意味)」という名に改名され今に至っています。
また、従者として2人のマリアとともにこの地に来たというSt.Sare(聖サラ)は、エジプトまたはインド系の褐色の肌を持っていたとされ、ロマ(ジプシー)の守護聖人として知られています。
毎年5月に行われる、2人のマリアの像を海に浸すという祭りの時には、ともに祭られている聖サラを慕って、多くのロマが世界中から集まるそうです。

全体が聖堂、教会のような作り。扉には聖母マリアとイエスキリストが刻まれています。
高さは9cm、横幅6cm、メダイ部分は直径3cmとなります。

*こちらのお品物は1万円以上ですので、ゆうパックの場合の送料、代引きの場合の手数料も無料です
他の写真
(画像をクリックすると大きく見られます)

(画像をクリックすると大きく見られます)

(画像をクリックすると大きく見られます)

当ホームページの掲載品は、アンティーク・ヴィンテージまでの古い時代のお品物となります。
変色、くすみ、摩耗などがございますが、永い年月を経た味わいとご理解下さいませ。


  Powered by おちゃのこネット
ホームページ作成とショッピングカート付きネットショップ開業サービス