ヨーロッパのアンティークアクセサリーと聖品のネットショップEggplant
ヨーロッパのアンティークパーツを使ったアクセサリーとシルバーチャーム、アンティーククロス、メダイ、ロザリオなどのネットショップEggplantです
ソリューション画像

ホームクロス(十字架)キリストの受難具 19世紀の十字架
商品詳細

キリストの受難具 19世紀の十字架

販売価格: 0円 (税込)
アンティーク、ヴィンテージ品は殆どのお品が1点ものでございます。 SOLD OUTとなりましたお品物の再入荷のお問い合わせやリクエストは お受けしておりませんので何卒ご了承下さい。
フランス、1800年代中期頃の十字架です。
両手から血が滴るキリストの足下の髑髏は「死」を意味し、足の下にその髑髏があるということは「死への勝利」を意味しています。
(キリストの処刑が行われたゴルゴダの丘は、原罪を犯した「アダムとイヴ」のアダムのお墓の上にあると言われていることからアダムの骸骨とも呼ばれます)

十字架の裏面の「MISSION」は、カトリックの信仰活動(運動)の意味。
全体に刻まれているのは、様々なキリストの受難具です。
「茨の冠、金槌、釘抜き、キリストの胸を突いた槍、酢を含ませた海綿を先端に取り付けた棒、梯子、3本の釘」
そして中央に刻まれている鶏は、聖書の中の「鶏が鳴く前に私を三回知らないと言うだろう」とキリストがペテロに告げたことを意味しています。

真鍮製。大きさは4×2.4cm。付けられているリボン状の布も当時よりのオリジナルと思われます。
深い信仰心を感じる大変古い時代の十字架です。

*こちらのお品は1万円以上ですので、ゆうパックの場合の送料、代引きの場合の手数料も無料です
他の写真
(画像をクリックすると大きく見られます)

(画像をクリックすると大きく見られます)

(画像をクリックすると大きく見られます)

当ホームページの掲載品は、アンティーク・ヴィンテージまでの古い時代のお品物となります。
変色、くすみ、摩耗などがございますが、永い年月を経た味わいとご理解下さいませ。


  Powered by おちゃのこネット
ホームページ作成とショッピングカート付きネットショップ開業サービス