ヨーロッパのアンティークアクセサリーと聖品のネットショップEggplant
ヨーロッパのアンティークパーツを使ったアクセサリーとシルバーチャーム、アンティーククロス、メダイ、ロザリオなどのネットショップEggplantです
ソリューション画像

ホームメダイ聖セシリアと教皇のメダイ(1933年)
商品詳細

聖セシリアと教皇のメダイ(1933年)

販売価格: 0円 (税込)
アンティーク、ヴィンテージ品は殆どのお品が1点ものでございます。 SOLD OUTとなりましたお品物の再入荷のお問い合わせやリクエストは お受けしておりませんので何卒ご了承下さい。
ローマ生まれの殉教の聖女セシリアとローマ教皇のメダイ。1933年に制作されお品です。
聖セシリアは、楽器を奏で歌を歌いながら神を賛美したことから、音楽の守護聖人として知られています。
こちらのセシリアのメダイは、1920-30年代にかけて活躍したメダイ彫刻家Kissingの作品と思われます。
オルガンを奏でる聖女セシリアのモチーフは、17世紀のイタリア・フィレンツェの宗教画家カルロ・ドルチ(Carlo Dolci)の絵画が元になっています。
今回と同じ構図のセシリアのメダイを当店で何度かご紹介しましたが、元になっている絵画は同じでも製作する彫刻家によって表現方法は様々。
こちらのKissing作と思われるメダイは、セシリアのお顔の美しさや衣のひだの柔らかさが際立っているように感じます。

反対側に刻まれているのはローマ教皇ピウス11世(在位期間1922-1939)。
ANNO SANTO ROMA 1933 の刻印あり。
こちらのようなつくりの教皇のメダイは、一般的には25年毎の聖年記念に制作されることが多い(1900年、1925年、のように)のですが、調べましたところ1933年は特別聖年(贖いの聖年)であったそうです。

ベースの素材は不明ですがシルバープレート(銀鍍金)が施されています。
摩耗が全く見られずとても良い状態。小箱や袋などに入れて大切に保管されていたものと思われます。
大きさは直径2.5cm、カン(リング)は0.6cmとなります。
他の写真
(画像をクリックすると大きく見られます)

(画像をクリックすると大きく見られます)

(画像をクリックすると大きく見られます)

当ホームページの掲載品は、アンティーク・ヴィンテージまでの古い時代のお品物となります。
変色、くすみ、摩耗などがございますが、永い年月を経た味わいとご理解下さいませ。


  Powered by おちゃのこネット
ホームページ作成とショッピングカート付きネットショップ開業サービス