ヨーロッパのアンティークアクセサリーと聖品のネットショップEggplant
ヨーロッパのアンティークパーツを使ったアクセサリーとシルバーチャーム、アンティーククロス、メダイ、ロザリオなどのネットショップEggplantです
ソリューション画像

ホームメダイ聖女セシリアの殉教のメダイ
商品詳細

聖女セシリアの殉教のメダイ

販売価格: 0円 (税込)
アンティーク、ヴィンテージ品は殆どのお品が1点ものでございます。 SOLD OUTとなりましたお品物の再入荷のお問い合わせやリクエストは お受けしておりませんので何卒ご了承下さい。



楽器を奏で歌を歌いながら神を賛美したことから、音楽の守護聖人として知られる聖女セシリア(2世紀頃)。
殉教の時の姿を表したメダイです。イタリアの1900年代前半頃のお品。

表側
横たわるセシリアを覆う植物は殉教のしるしであるシュロの葉、傍らには純潔を表す白い百合の花が刻まれています。
S.CECILIA ORA PRO NOBIS(ラテン語で)聖セシリアよ 我らのために祈り給え
右下の端に、彫刻家のものと思われるサイン(モノグラム)が入っています。

裏側
中央のPXのモノグラムは、ギリシャ語でキリストを表す最初の2文字の組み合わせです。
左右には、物事の始まりと終わりを意味するΑ(アルファ)とω(オメガ)の刻印。(永遠の存在であるキリストの意味)
ROMA CATAVOMBE DI S.CALLISTO(ローマ サン・カリストのカタコンベ)

聖セシリアの聖遺物(遺体とされています)は、はじめはローマのカタコンベ(サン・カリストのカタコンベ)に葬られていましたが、1599年にサンタ・チェチーリア・イン・トラステヴェレ教会(4世紀に創建され、その後9世紀に再建)に移されました。
ルネサンス期の彫刻家ステファノ・マデルノによる聖セシリアの大理石像が製作されたものこの頃。
聖遺物(遺体)を移すためにセシリアの墓が開けられた1599年に「私が目にした聖セシリアの姿を偽りなく再現した」と、この彫刻家が宣誓した石版も残されているそうです。
(2世紀以降、1599年の時点でその遺体は腐敗することなく残されていた、ということになりますね)
3度の斬首に耐え3日間生き延びた末に亡くなったという聖セシリア。首にはその傷跡が表わされています。

大理石像のオリジナルはサンタ・チェチーリア・イン・トラステヴェレ教会に、もう一体の像は当初の墓であったサン・カリストのカタコンベに置かれています。
画像は1900年代前半頃のカタコンベ内部の聖セシリア像。もう1点はサンタ・チェチーリア・イン・トラステヴェレ教会の中の像です。





カタコンベとは・・・迫害から逃れた多数のキリスト教徒が隠れ住んでいた場所。
(元々は古代ローマの地下墓地だったところ)
地下の内部には礼拝堂や墓地も作られ、現在でもローマには多数のカタコンベが残されています。

素材は銀を含む合金と思われます。(拡大ルーペで見ても地金が表れていませんので、銀メッキではありません)
摩耗が少なくとても良い状態です。
大きさは2.5×2.7cm(穴の部分は含まず)、リングは0.5cm。

聖女セシリアのメダイの中でも最も入手困難と言われているモチーフ。
当店では15年間で初めてのお取り扱いとなります。

*こちらのお品物は1万円以上ですので、ゆうパックをお選びの場合の送料、代引きをお選びの場合の手数料も無料です
他の写真
(画像をクリックすると大きく見られます)

(画像をクリックすると大きく見られます)

(画像をクリックすると大きく見られます)

当ホームページの掲載品は、アンティーク・ヴィンテージまでの古い時代のお品物となります。
変色、くすみ、摩耗などがございますが、永い年月を経た味わいとご理解下さいませ。


  Powered by おちゃのこネット
ホームページ作成とショッピングカート付きネットショップ開業サービス