ヨーロッパのアンティークアクセサリーと聖品のネットショップEggplant
ヨーロッパのアンティークパーツを使ったアクセサリーとシルバーチャーム、アンティーククロス、メダイ、ロザリオなどのネットショップEggplantです
ソリューション画像

ホームリング・イヤリング(ピアス)モルフォ蝶のシルバーイヤリング(T.L.M工房)
商品詳細

モルフォ蝶のシルバーイヤリング(T.L.M工房)

販売価格: 0円 (税込)
アンティーク、ヴィンテージ品は殆どのお品が1点ものでございます。 SOLD OUTとなりましたお品物の再入荷のお問い合わせやリクエストは お受けしておりませんので何卒ご了承下さい。


(奥のモルフォ蝶ブローチも当店のお品物です)


モルフォ蝶の羽をガラスの中に閉じ込めたシルバーイヤリングです。
(イヤリングはイベントに1度お持ちしたのみで、ホームページでは初めてのご紹介です)

南米に生息するブルーモルフォ蝶は、宝石のような羽根の美しさから古くはヴィクトリア女王にも愛されていたとか。
1920年代に入りガラスの中に羽根を閉じ込める技術が確立され、ジュエリーとして広く普及したそうです。
1924年の大英帝国万国博覧会にてモルフォ蝶のジュエリーが出品されたことがその後の流行に繋がりました。
こちらの裏側の刻印は「 T.L.M ENGLAND SILVER」。
「T.L.M」は前述の万国博覧会にて初めてモルフォ蝶のジュエリーを発表したトーマス・L・モットの工房の刻印です。

天然のモルフォ蝶はその後乱獲を防ぐために採取が禁じられましたので、モルフォジュエリーは1920-30年代頃のごく短い期間に作られたものということになります。
近年になって養殖されたモルフォ蝶を使ったアクセサリーも販売される様になったそうですが、今回ご紹介のイヤリングはイギリスで1930年頃までに作られたお品となります。

スクリュータイプのイヤリングは、モルフォ蝶モチーフの円形パーツは1cm。
お顔周りで確かな存在感を放つ美しいブルーモルフォのイヤリングです。

*こちらのお品物は1万円以上ですので、レターパック、ゆうパックの送料、代引きの場合の手数料も無料です
他の写真
(画像をクリックすると大きく見られます)

(画像をクリックすると大きく見られます)


(画像をクリックすると大きく見られます)

当ホームページの掲載品は、アンティーク・ヴィンテージまでの古い時代のお品物となります。
変色、くすみ、摩耗などがございますが、永い年月を経た味わいとご理解下さいませ。


  Powered by おちゃのこネット
ホームページ作成とショッピングカート付きネットショップ開業サービス