ヨーロッパのアンティークアクセサリーと聖品のネットショップEggplant
ヨーロッパのアンティークパーツを使ったアクセサリーとシルバーチャーム、アンティーククロス、メダイ、ロザリオなどのネットショップEggplantです
ソリューション画像

ホームメダイ聖女フィロメナのガラスのメダイ(19世紀)
商品詳細

聖女フィロメナのガラスのメダイ(19世紀)

販売価格: 0円 (税込)
アンティーク、ヴィンテージ品は殆どのお品が1点ものでございます。 SOLD OUTとなりましたお品物の再入荷のお問い合わせやリクエストは お受けしておりませんので何卒ご了承下さい。



4世紀頃のローマ時代、ギリシャの若き王女であったと言われている、殉教の聖女フィロメナ(FILOMENA)と、
聖ジャン・マリー・ヴィアンネ司祭が刻まれた1800年代後半頃のメダイです。

1802年に、ローマのカタコンベ(地下墓地)の中から碑文が刻まれた墓石とフィロメナのものと
思われる遺骨が見つかったことから、それまで忘れ去られていたフィロメナの存在が再認識されたそうです。

聖フィロメナを崇敬していたアルスの司祭ジャン・マリー・ヴィアンネ(1786-1859)は、フィロメナのための聖堂を建立しました。
その後自らが重い病にかかったとき、聖堂でミサを100回捧げたところ病気が治ったのはフィロメナへの信心のおかげであったとされています。
メダイに刻まれている「CURE D'ARS」はアルスの司祭であることを意味しています。

フィロメナの頭にはバラの花冠、手には純潔を表すユリの花、もう片方の手に握られている
円形のものは、キリスト教徒が迫害されていたこの時代、禁止されていた十字架に代る祈りの象徴として用いられていたという船の錨の上の部分。(錨の形は十字架に似ていますね)
メダイでは全身が表されていませんが、下記のフィロメナの御絵を見て頂くと分かりやすいと思います。



両面ともに厚みのあるガラスに覆われたメダイ。大きさは1×0.8cm(上部の穴の部分は含まず)です。

(他の2点も同日掲載品です)



他の写真
(画像をクリックすると大きく見られます)
(画像をクリックすると大きく見られます)

チェーンは付属しません
(画像をクリックすると大きく見られます)
当ホームページの掲載品は、アンティーク・ヴィンテージまでの古い時代のお品物となります。
変色、くすみ、摩耗などがございますが、永い年月を経た味わいとご理解下さいませ。


  Powered by おちゃのこネット
ホームページ作成とショッピングカート付きネットショップ開業サービス